低コストで集客率を上げたいなら養生シートを活用しよう

作業員

二次災害を防ぐ

工事

地震が多い日本では、日頃の対策が重要になってきます。オフィスでできる災害対策の1つが飛散防止フィルムの設置です。飛散防止フィルムを窓ガラスに設置すれば、破損しても飛び散ることがないので、避難で移動する際に踏んで怪我をするといった二次災害を防ぐことができます。また、飛散防止フィルムを設置することで耐久性が増し、亀裂が大きくなるのを防ぎます。大きな1枚ガラスは特に飛散防止フィルムを設置しましょう。

飛散防止フィルムには、紫外線を予防する効果もあります。室内に光が差し込んでくるのは気持ちが良いですが、シミやソバカスの原因を作ってしまいます。飛散防止フィルムを設置することで紫外線を防止すれば、日焼け対策を特別にすることがないので楽です。オフィス用品やポスターの色褪せも未然に防ぐことができます。

寒い地域でも飛散防止フィルムは活躍します。フィルムを貼ると、温度差で生じる結露を軽減できます。窓の結露はカビの原因になるので、放置しておくと住人の健康に害を及ぼしてしまいます。曇りも防止されるので、結露が軽減すれば、それだけ掃除の手間も省けます。フィルムを貼るだけで、災害対策が行なえますし、普段の生活に役立ちます。

フィルムの種類は販売メーカーによって異なり、沢山の種類があります。専門業者に依頼して自宅に合った商品を選んでもらいましょう。貼り方によって耐久年数や効果にも差が出るので、施工実績の豊富な業者を選びましょう。

Copyright© 2016 低コストで集客率を上げたいなら養生シートを活用しよう All Rights Reserved.