低コストで集客率を上げたいなら養生シートを活用しよう

作業員

水に浸けるだけで使える

土嚢袋

台風や豪雨による災害は、年々増加傾向にあります。河川の氾濫で防波堤が破損して街に水が流れ出すという被害も各地で起こっています。災害自体を止めることは難しいですが、被害を最小限に留めることは可能です。基本的な対策として、土のう袋を使って玄関からの浸水を防ぎましょう。土のう袋はホームセンターで販売しています。丈夫な繊維で編まれた袋に、土や砂を詰め込めば、ブロックの代りになります。庭の土を利用して土のう袋を日ごろから作っておくのも良いでしょう。しかし、庭が小さいと土のう袋でスペースが埋まってしまいます。さらに、災害時に土のう袋を作ることも体力を消耗してしまい得策とは言い難い点もあります。しかし、最近では画期的な土のう袋が開発されています。キーストンから販売されている、ダッシュバッグは実に画期的な構造になっています。普通は袋の中に土や砂を詰めて作るのですが、このダッシュバッグは通常の厚さが8mmで重量が400gと非常にコンパクトなサイズになっています。しかし、5分間水に浸すことで、重量15kgへと膨れ上がるります。この画期的な仕組みによって、誰でも災害時の対策を行なうことができます。コンパクトになっているので、普段の収納も楽になります。使用後も塩化カルシウム溶液に浸して水分を抜くことができます。乾燥させて可燃ごみとして処理することも可能です。外装に使われている素材は、麻の為環境や人体へ優しい仕上がりになっています。

Copyright© 2016 低コストで集客率を上げたいなら養生シートを活用しよう All Rights Reserved.